概要

スギ、ヒノキ、松などの人工林に覆われた場所が多いが山頂付近にはシイ、イスノキ、クロキなどの天然林も見られる。古第三紀に海底に堆積した四万十層群と呼ばれる地層に花崗岩が貫入してホルンフェスが形成された地質構造となっている。蔵多山付近で産出される蔵多石はこのホルンフェルスである。蔵多山の北部では砂鉄を産出し、製鉄が行われていた。また、南部には鹿篭金山と呼ばれる金の鉱山があった。中世において重要な港であった坊津と鹿児島城とを結ぶ街道が通っており、商品を保管するために多くの蔵が建てられていたと言われている。蔵置山とも呼ばれていた。

枕崎テレビ・FM中継局
枕崎市側の頂上には鹿児島県内のテレビ局とFMラジオ放送局の中継局が設置されており、南薩(南薩摩)方面の基幹中継局として機能している。枕崎中継局(まくらざきちゅうけいきょく)として知られる。

(ウィキペディアより)

 

コメント