加世田駅

005

加世田の市街地の中心にあり、1914年(大正3年)南薩鉄道枕崎線の伊作~加世田間の延伸と同時に開業する、1984年鉄道の廃止により鉄道駅としては廃止となるが、現在鹿児島交通加世田バスセンターとして南さつまの交通の中心の役割を担っている。

1994年南薩鉄道記念館がオープンして、その歴史を知ることができる。また駅の中央部にかつて使用していた蒸気機関車や、ディーゼル機関車が保存展示されている。また記念館にはレトロなディーゼルカーも保存展示されている。

004

003

006

かつての蒸気機関車

007

ディゼル機関車

001

南薩鉄道記念館

 

コメント