金峰山

DSCN0726

金峰山は金峰町北部にある山で、南薩の名峰,霊峰として古くから知られ、三つの峰、本岳、東岳、北岳からなる標高636mの山で、九州百名山に選定され、開聞岳、野間岳と合わせて薩摩三峰と呼ばれている。かつては修験の山であり、蔵王権現を祭る金峰神社が9合目にある。地元では美人が寝た横姿にみえることから、美人岳という別名で親しまれている。

東側の大坂、西側の田布施から、山頂近くまで車で行くことができ、駐車場から金峰神社を経て約20分ほどで山頂に登ることができる、また三峰を巡る遊歩道もつけられている。山頂からは西は羽島崎から吹上浜、野間岬まで、東には桜島、南に南さつま市街地と広い眺望が楽しめる。

DSCN0699

金峰山山頂

DSCN0700

山頂の鶴

CIMG0269

金峰神社

コメント