輝津館展望所から見る双剣石周辺-南さつま海道八景-

輝津館展望所からは、天に向かって剣のようにそびえ立つ双剣石を見ることができます。

穏やかな波間に対峙するようにそそり立ち、それぞれ高さ27メートル、21メートル、坊浦入口の網代浜を近くに位置しています。
また、双剣石一帯は、その景観に加え、歴史、文化的背景が評価され、国の名勝「坊津」として指定されています。

浮世絵で有名な歌川(安藤)広重が画題に用いるなど、江戸時代から著名な地で、周辺の網代浜で行われる魚の様子は、遠方から見物客が訪れるなど、漁業観光のはしりであったと言われています。

コメント