登山

南さつまの山登りの対象となる山を紹介します。     金峰山    金峰山は金峰町北部にある山で、南薩の名峰,霊峰として古くから知られ、    三つの峰、本岳、東 岳、北岳からなる標高636mの山で、九州百名山

まち歩き · 山岳 · 楽しむ · 眺める
金峰山

金峰山は金峰町北部にある山で、南薩の名峰,霊峰として古くから知られ、三つの峰、本岳、東岳、北岳からなる標高636mの山で、九州百名山に選定され、開聞岳、野間岳と合わせて薩摩三峰と呼ばれている。かつては修験の山であり、蔵王

山岳 · 感じる · 眺める · 神社・寺院 · 神話の世界
野間岳

  野間岳は薩摩半島南西部、野間半島に聳える標高591mの火成岩からなる山で、遠方から眺めると急峻な円錐形をしており、開聞岳、金峰山と並んで薩摩半島の三名山に数えられ、また九州百名山にも選ばれている。山頂には一等三角点が

山岳 · 眺める
内山田立神

  立神は加世田川の支流立神川の中流にあり、川床から奇岩が2ツ屹立しており、地元ではタッガンとよんでいる、江戸時代後期に薩摩藩で編纂された三国名勝図会では、陰陽石として紹介されている。立神の高さは陽石とされているほうが7

まち歩き · 山岳 · 楽しむ · 眺める
磯間嶽

南さつま市の南部、加世田と大浦町境に位置する標高363mの山で、山頂が10数mの岩峰からなる特異な山容をしている。山頂には鎖で攀じ登らねばならず、登山愛好者の間では有名な山で、隠れた名峰といえる。大浦側からの岩稜コースは

山岳 · 眺める
長屋山

南さつま市の中心地加世田の南西に位置する標高513m、南さつま市では金峰山、野間岳に次いで高い山で、山頂には国土交通省の航空管制用のレーダー基地があり、市内のあちこちから丸い巨大なドームを確認することができる。 また山頂

山岳 · 眺める
磯間山(磯間嶽)

磯間山(磯間嶽)について 薩摩半島の南西部にある。標高363mの磯間山の峯の形状は見る角度によると鬼のような形をしたユニークな形をしている。上部は集塊岩からなる。 〒897-1201  鹿児島県南さつま市大浦町

山岳 · 眺める
長屋山(加世田)

長屋山(加世田) 標高513m 山頂からの眺望は360度のパノラマ。吹上浜の海岸線からは、金峰山、遠くは霧島、桜島、開聞岳などが一望できます。公園化された山頂まで車道が通じており、地域の人々の憩いの場所として親しまれてい

山岳 · 眺める
野間岳-薩摩半島の秀峰(円錐形の山)-

野間半島中央部から円錐状にそそり立つ野間岳(591m)。山頂からの眺望は絶景で、晴れた日には南薩摩はもちろん、開聞岳、甑島まで一望でき、気分も爽快です。8合目付近には邇邇藝命(ニニギノミコト)、木花咲耶姫命(コノハナサク

山岳 · 眺める
金峰山-頂上から一望する南薩一帯の景色は最高-

南薩の霊峰金峰山(636m)は本岳・東岳・北部の三峰に分かれ、古来人々が尊敬の念をもって朝夕ながめ親しみ、その姿はよく女性の横たわる姿にたとえられます。 頂上から一望する南薩一帯の田園風景や東シナ海に沈む雄大な夕陽はひと

山岳 · 眺める