歴史交流館金峰-旧石器時代から近世まで-

歴史交流館金峰は、「海流の民」の歴史と文化をテーマに展示構成されています。

この地域は、薩摩半島の西海岸に位置し、太古より「棄民の民」の活動の舞台となってきました。遠くは大陸、南西諸島から、あるいは日本各地から海岸をわたって人々が訪れ、豊かな富をもたらしました。

古くは旧石器時代から現代にいたるまで、展示物によって独自の歴史と文化を垣間見ることができます。豊富な展示品と映像や模型で分かりやすく紹介していますので、一度は訪れてみて太古の息吹に触れてみてください。

資料・パンフレット

交通案内
■鹿児島空港から
九州自動車溝部IC~指宿スカイライン谷山IC~南さつま横断道路~南さつま市金峰町(所要時間約60分)
■鹿児島市から
鹿児島IC~指宿スカイライン谷山IC~薩摩横断道路~南さつま市金峰町(所要時間約35分)
開館時間
午前9時から午後5時(但し、入場は午後4時30分まで)
休館日
■毎週月曜日(祝日に当たるときは、その翌日)
■12月29日~1月3日(年末年始)
観覧料
  大人
(高校生以上)
小人
(小・中学生)
幼児
観覧料 300円 150円 無料
(20名以上の団体、大人210円、小人70円)
お問い合わせ先
歴史交流館金峰
鹿児島県南さつま市金峰町池辺1535番地
TEL:0993-58-4321
FAX:0993-58-4322

コメント