長屋山

002

南さつま市の中心地加世田の南西に位置する標高513m、南さつま市では金峰山、野間岳に次いで高い山で、山頂には国土交通省の航空管制用のレーダー基地があり、市内のあちこちから丸い巨大なドームを確認することができる。

また山頂は公園となっており、加世田の武田より内布を経て、車で登ることができる。

頂上からは加世田市街地、金峰町を一望でき、万之瀬川河口を挟んで南北47kmに渡る日本3大砂丘の一つ白砂青松の吹上浜が優美に弧を描いて望まれる。

長屋山に雲がかかると雨になるといわれており、加世田の住民にとって生活に密着した故郷の山といえる。

005

金峰町阿多からの長屋山

コメント